logo

IDC Japan、国内IT市場10大予測を発表--市場縮小でベンダーは海外進出へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは1月8日、2009年の国内IT市場に関する10大予測を発表した。世界経済の急激な減速とハードウェアの継続的な価格低下によって市場は縮小し、再び成長するのは2010年以降になるとしている。

 厳しい市場環境の中で、ベンダーでは事業の見直しや国内市場からの撤退を余儀なくされ、企業間の吸収や合併も増加するとIDC Japanは予測する。その一方で、幅広い分野で仮想化技術の採用が広がり、システムインテグレーション事業の内容や構造に変化が生まれるほか、クラウドコンピューティングが実現するとのことだ。

 IDC Japanの予測10項目は以下の通りとなっている。

  1. 国内IT市場は、これまでの拡大傾向から一変して縮小する
  2. 仮想化サーバとシステム管理ソフトウェアの拡大がシステムインテグレーター(SIer)の選別を促進する
  3. パソコンの急速な価格下落によって、主要ベンダーの事業撤退が起こる
  4. バーチャルクライアント化が進展し、サーバとストレージによる処理集中化への回帰が起こる
  5. モバイルPCの利用拡大と、携帯電話向けアプリケーションの増加によって、クラウドコンピューティングへの流れが加速する
  6. 部門単位のSaaS利用が拡大し、IT統制見直しの契機となる
  7. セキュリティ市場に新技術が投入され、システムインフラ整備の重要な要素となる
  8. データセンターのグリーン化への取り組みが本格化する
  9. 日本のITベンダーによる海外進出が加速する
  10. ITベンダーのコンプライアンスへの対応力が試される

-PR-企画特集