logo

ゼンリン、地図アプリに5人同時利用できるコミュニケーション機能を追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゼンリンデータコムは11月19日、NTTドコモから11月以降に発売される新モデルにプリインストールされたナビゲーションアプリ「地図アプリ」向けに、相手の位置情報の取得や、メッセージや写真の送受信ができるサービス「地図トーク」を提供開始した。

 地図アプリは、現在地周辺の地図の表示や、ルート検索、乗換案内が利用できるゼンリンデータコムのナビゲーションアプリ。初回アクセスから60日間は無料で利用できる。61日目以降は、ゼンリンデータコムとサイバードがiモードメニュー上で提供している月額利用料315円の地図情報サービス「ゼンリン地図+ナビ」に会員登録する必要がある。

 今回提供を開始した地図トークは、最大5人までの同時利用が可能なコミュニケーション機能で、お互いの現在地を地図上に表示できるほか、メッセージや写真の送受信が可能となっている。友人の居場所の確認や、地図を利用した待ち合わせなどに利用できるとしている。

 対応機種は、11月以降発売の新モデルであるN-02A、P-02A、SH-02A、F-01A、N-01A、P-01A、SH-01A、F-03A、SH-03A、SH-04A。また、地図トーク対応の地図アプリをインストールすることにより、905iシリーズ、906iシリーズのGPS搭載機種でも利用できる。

-PR-企画特集