IPA/ISECをかたる不審なメールに注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 独立行政法人情報処理推進機構 セキュリティセンター(IPA/ISEC)は、同センターの組織名や電子メールアドレスを詐称したメールが企業や組織に送られたという情報を受け、注意を呼びかけている。

 IPA/ISECでは、セキュリティ関連の注意喚起や、報告書の公表などを目的としたメールを、事前に登録したユーザー以外に送ることはないとしている。また、メールニュースはテキストのみで配信しており、ファイルを添付することもないという。

 もしIPA/ISECの名前が書かれた不審なメールを受信した場合は、添付ファイルを開かないよう呼びかけている。なお、特定の組織に対して正規のメールと区別をつけるのが難しい「標的型攻撃メール」を送る攻撃が増えていることから、IPA/ISECでは不審メールに関する相談窓口を設置している。標的型攻撃メールを受信した場合、または自組織をかたった標的型攻撃メールに関する連絡を受けた場合は、「不審メール110番」まで連絡して欲しいとのこと。電話番号は03-5978-7509で、対応時間は月曜から金曜の午前10時から午後0時、および午後1時30分から午後5時。電子メールやFAXでも受け付けている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加