日本サムスン、16対9のワイドパネルを採用した液晶モニター新「SyncMaster」5機種を発売

エースラッシュ2008年11月13日 18時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本サムスンは11月13日、アスペクト比16対9のワイドパネルを採用した液晶モニターの新モデル5機種を、11月下旬より順次発売すると発表した。

 今回発売されるのは、15.6型ワイドの「SyncMaster 633NW」、18.5型ワイドの「SyncMaster 933SN」、20型ワイドの「SyncMaster 2033SW」、21.5型ワイドの「SyncMaster 2233SW」、23型ワイドの「SyncMaster 2333SW」という5機種だ。

 いずれもアスペクト比16対9のワイドパネルを採用しており、2233SWと2333SWでは1920×1080ドット表示のフルHD画質が可能。633NW以外の機種でダイナミックコントラスト比1万5000対1を実現したほか、2033SW、2233SW、2333SWの3機種にはHDCP対応のDVI-D端子も搭載されている。

 発売日は633NWが12月下旬で、その他の機種は11月下旬を予定。市場想定価格については633NWが1万8000円前後、933SNが2万円前後、2033SWが2万5000円前後、2233SWが3万円前後、2333SWが3万5000円前後となっている。

15.6型ワイドの「SyncMaster 633NW」(左)、23型ワイドの「SyncMaster 2333SW」(右) 15.6型ワイドの「SyncMaster 633NW」(左)、23型ワイドの「SyncMaster 2333SW」(右)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加