logo

NTTドコモ、冬商戦モデル22機種を一挙発表--シリーズ名を一新

永井美智子(編集部)2008年11月05日 14時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは11月19日より、冬商戦モデルの販売を開始する。これまで「90xi」のように3桁のシリーズ名だったものを4種類のシリーズ名に変更し、全22機種を発売する。

 シリーズ名の変更について、代表取締役社長の山田隆持氏は「機能ありきではなく、ライフスタイルに合わせたラインアップに変更する」と宣言。ファッション性の高い「docomo STYLE series」、エンターテインメント機能を強化した「docomo PRIME series」、ビジネス向けの「docomo SMART series」、最先端機能を盛り込んだ「docomo PRO series」の4種類に分類した。

 新端末は、「iコンシェル」と呼ばれる、ユーザーの趣味嗜好などにあった情報を適宜提供する機能や、「iウィジェット」と呼ばれる、待受画面に複数のアプリを起動できる機能、「iアプリオンライン」というリアルタイム通信が可能なアプリ機能などを搭載する。また、Googleマップのストリートビューなども見られるようにする。

 端末としてはフランスのパティシエであるピエール・エルメ氏が監修したモデルやファッションブランド「4℃」とコラボレーションして天然ダイヤモンドを埋め込んだモデル、WオープンタイプのVIERAケータイ、800万画素カメラ搭載のAQUOSケータイ、薄さ12.9mmのスライド式amadanaケータイなどを用意した。

 端末の価格は4〜5万円台。今回、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーション製の端末は発表されなかった。この点については「いろいろな事情がある」(山田氏)とした上で、ソニー・エリクソンとは引き続き協議していく考えを示した。

F-02A 4℃とのコラボモデル「F-02A」には天然ダイヤモンドが埋め込まれている。価格は通常の端末より2000〜3000円ほど高くなるという。
SH-04A 横スライド式QWERTYキー搭載の「SH-04A」

-PR-企画特集