マランツ、デザインも重視したステレオアンプとスピーカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マランツ(高山敬史社長)は10月31日、CDステレオアンプ「M−CR502」と2ウェイバスレフ型スピーカー「LS702」を11月中旬から順次発売すると発表した。価格は、ステレオアンプ「M−CR502」が5万9850円、スピーカー「LS702」が4万9350円。

 CDステレオアンプ「M−CR502」は、CDプレーヤーとAM/FMチューナーを搭載。幅280×高さ111×奥行き302mmのコンパクトサイズで、きょう体にはアルミニウムを採用した。カラーはシルバーゴールド。

 内部をデジタル化、25Wデジタルアンプを4ch搭載し、バイアンプによるスピーカー接続に対応することで高音質を実現。CDから読み取ったデジタルオーディオデータをデジタルアンプに伝送するフルデジタル伝送とした。

 2ウェイバスレフ型スピーカー「LS702」は、ピアノ塗装を施したピアノブラックで、音質のほか、デザインの質感も重視して開発。再生周波数帯域は 50Hz−22kHz、クロスオーバー周波数は2kHz。ウーファーは130mmコーン型(アルミダイキャストフレーム)、ツイーター25mmドーム型、入力端子はバイワイヤリングターミナル。サイズは幅180×高さ270×奥行き260mm。

マランツ=http://www.marantz.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加