九十九電機、民事再生法の適用へ--負債額は約110億円

加納恵(編集部)2008年10月30日 13時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京秋葉原の大手パソコンショップ九十九電機は10月30日、東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。負債額は約110億円とのこと。

 九十九電機は1947年創業の老舗家電量販店。東京地区のほか、大阪、名古屋、札幌に店舗を構えている。1978年には秋葉原初のパソコン・通信機の専門店を、2000年には業界最大級の自作パソコン用パーツ専門店をオープンさせるなど、PCショップとしての地位を確立していた。

 2007年8月期の年間売上高は約319億9100万円。しかし2008年8月期の決算が期待ほど伸びず、業績を悪化させたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加