logo

MySpaceが首位、Twitterが急成長--米国SNSランキング

文:Caroline McCarthy(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年10月23日 15時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Nielsen Onlineが9月の米国におけるソーシャルメディアサイトに関する調査結果を発表した。ユニークビジター数が最も多いSNSと最も成長しているSNSをランキングしたもので、そこにはいくつかの驚きがある。

 Nielsenの発表によると、米国最大のSNSの座は、News Corp.のMySpaceが堅守した。だが、MySpaceのユニークビジター数は2007年の9月と比較するとわずか1%しか増加しておらず、6000万人を下回るレベルにとどまっている。2位のFacebookは、前年同期比116%増で成長している。

 3位以下は、メディアの関心は低いが安定した人気を維持するClassmates Online、ビジネス向けSNSのLinkedIn、2007年9月から11%トラフィックが縮小したMicrosoftのWindows Live Spaces、Reunion.com、Disneyが所有する子供向けSNSのClub Penguin、サービス閉鎖が発表されているAOL Hometown、Tagged、AOL Communityの順となっている。

 これ以上に興味深いのが、成長率が高いSNSのランキングだ。トップはTwitterで、メディアの関心と大統領選挙専門ページの開設が奏功し、ユニークビジター数は2007年9月から343%も増加した。次に成長率が高かったのはTaggedで、成長率は330%。Nielsenによると、Taggedは35歳〜49歳で最も人気のSNSという。3番目は、コミュニティを作るサービスNing。以降、LinkedIn、(CNET Newsの発行元であるCBS Interactiveが所有する)Last.fm、Facebook、ティーンエージャー向けのMyYearbook、AOL傘下Beboが続いている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集