logo

IIJ、法人向けモバイル通信サービスでアルカテル・ルーセントと協業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は10月14日、日本アルカテル・ルーセントと法人向けモバイルデータ通信サービス分野で協業し、同社製品を自社のサービスラインアップに組み入れて提供すると発表した。

 今回の協業により、IIJは、アルカテル・ルーセントが日本市場へ投入予定の「OmniAccess3500 Nonstop Laptop Guardian」と、高速モバイルデータ通信サービス「IIJモバイル」を組み合わせたソリューションを開発し、2008年度中に提供を開始するとしている。

 NLGは、3G対応の高性能なデータ通信カードとゲートウェイサーバで構成され、ノートPCに対してリモートで各種セキュリティ機能の設定、制御を行うことで、ウイルス感染や情報漏えいを未然に防ぐモバイルノートPC向けセキュリティ製品。

 データ通信カード自体がバッテリ、メモリ、CPU、OS、ソフトウェアを内蔵しており、ノートPCの電源がOFFになっている場合でも、完全に独立して動作するという。

 これにより、システム管理者は、リモートからデータ通信カードを介してノートPCに常時アクセスして監視することができ、万一、紛失や盗難にあった場合にも、GPSによる位置確認、ディスク内にあるデータの消去やバックアップ、起動時の認証やロックなどを行うことで、情報漏えいを防ぐことができるという。また、データ通信カードを抜かれた状態ではノートPCは起動しないため、PC内のデータは完全に守られるとしている。

-PR-企画特集