logo

新生銀行会長に訊く、日本の閉そく感を打ち破るために必要なこと(その2)

永井美智子(編集部)2008年09月19日 13時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新生銀行会長の八城政基氏は石油業界で長年勤めた経験から、現在の銀行業界の問題点が「ものの見方が短絡的」な点にあると指摘。長期的視野に立った人材育成が必要と説く。動画は全4回で、「新生銀行会長に訊く、日本の閉そく感を打ち破るために必要なこと(その3)」に続く。

再生時間:11分53秒

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]