logo

ヤマハからシアターラックの新ブランド「POLYPHONY」が誕生

エースラッシュ2008年09月18日 21時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは9月18日、シアターラックシステムの新ブランド「POLYPHONY」の新製品として「YRS-1000」を11月1日に発売すると発表した。

 YRS-1000はリアル5.1ch再生を本体のみで実現するスピーカーとサブウーファーを内蔵したシアターラックだ。壁面からの反射を利用するため、リアスピーカーなしでの5.1ch再生を実現する。約24畳までの部屋に対応するという。

 スピーカー部はトップボードに内蔵されており、2本のアルミ製支柱で支える開放的なデザインを採用。また、松下電器産業、東芝、日立製作所、シャープ、三菱電機、ソニーという6メーカーのテレビおよびレコーダーに対応したHDMIリンク機能を備えている。

 価格はオープンだが市場想定価格は10万円前後。テレビの壁寄せ設置をするためのオプション金具「YTS-V1000」も用意されており、こちらの市場想定価格は3万円前後となっている。

「YRS-1000」 「YRS-1000」

-PR-企画特集