logo

プリンストンがオーディオ機器を発売--カプセル型スピーカーも

エースラッシュ2008年09月08日 21時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プリンストンテクノロジーは9月8日、ポータブルオーディオスピーカー2機種およびワイヤレスヘッドホン「PTM-BAH3」シリーズ、コードレスハンズフリーヘッドセット「PTM-BEM4」シリーズなどを9月下旬より発売すると発表した。

 今回発売されるポータブルオーディオスピーカーは、デザインオフィス「UltRA Graphics」のアートディレクター兼グラフィックデザイナーである山田英二氏とのコラボレーションにより実現したセカンドブランド「ULTGRAPH」シリーズの製品だ。

 「PSP-003」は、カプセル型のポータブルオーディオスピーカーで、ボディを左右にスライドさせると電源スイッチやオーディオ機器を立てかけるトレイ、3.5mmステレオケーブルなどが現れる。アンプ部の最大出力は4W(2W+2W)となる。

 一方の「PSP-001」は、余分なものを取り除いたカードサイズモデル。本体をスライドさせると自動で電源が入り、3.5mmステレオケーブルにオーディオ機器を接続することができる。いずれも内蔵リチウム電池のほか、ACアダプタやUSBポートが利用できる3ウェイ電源方式となっている。

 カラーはPSP-003がシルバー、ホワイト、ブラックの3種類で、PSP-001がホワイトとブラックの2種類。価格はオープンだが、店頭想定価格はいずれも5980円となっている。

「PSP-003」 「PSP-003」
「PSP-001」 「PSP-001」

 Bluetooth Ver2.1採用のワイヤレスヘッドホンとして発売されるのは「PTM-BAH3」シリーズ。再生や一時停止といった基本操作もワイヤレスなほか、内蔵マイクを搭載しているためBluetooth対応の音楽ケータイと組み合わせれば着信時のハンズフリー通話も可能だ。また、ポータブルオーディオ機器との同時ペアリング機能や、ソースに応じて効果が選べるステレオオーディオ拡張技術「SRS WOW HD」も搭載する。カラーはブラック、ブルー、ブラウンの3種類で、店頭想定価格は1万2800円になる見込みだ。

「PTM-BAH3」 「PTM-BAH3」シリーズ。左から、ブラック、ブルー、ブラウン

 PTM-BEM4シリーズは、Bluetooth対応の携帯電話と組み合わせてハンズフリー通話が行えるBluetooth Ver2.0+EDR対応のコードレスハンズフリーヘッドセットだ。重量はわずか9gで、インナーフックを耳の内側に掛けて装着する方式を採用。着信時には耳に装着した本体のボタンを押すだけで通話できる。電源は内蔵の小型リチウムポリマー充電池で、連続通話は最長約4時間、連続待ち受け時間は約75時間だ。カラーはブラックとホワイトの2種類。店頭想定価格は4980円となっている。

「PTM-BEM4」シリーズ 「PTM-BEM4」シリーズ

-PR-企画特集