ライムライト、Wiiの「ニュースチャンネル」などの配信インフラをサポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライムライト・ネットワークス・ジャパンは9月2日、任天堂の家庭用ゲーム機「Wii」向けに、コンテンツ配信ネットワーク(CDN)の提供を開始した。

 今回のCDN提供により、Wiiをインターネットに接続して利用する「ニュースチャンネル」や「お天気チャンネル」などの配信インフラをサポートする。

 ライムライト・ネットワークス・ジャパンのCDNは、データセンターにサーバを集約して設置しているため、容量が大きく、Wiiのように多くのユーザーを持つビジネスモデルや大量のコンテンツ配信にも安定したサービスを提供することができるという。

 また、ダウンロード頻度が低いファイルも高いキャッシュ効率で提供でき、多くの品目を短いレスポンスタイムでユーザーに供給できるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加