日本初ソーシャルレンディング、「maneo」今秋にもオープン

鳴海淳義(編集部)2008年08月28日 12時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネット上でお金を借りたい人と貸したい人を仲介する「ソーシャルレンディングサービス」が今秋にも誕生する。maneoは8月28日、金融庁への第二種金融商品取引業者の登録が完了したことを発表した。

 同社が運営する「maneo」は日本初のソーシャルレンディングサービスとなる見込みだ。ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を用いて、ユーザー同士のプロフィールや背景情報(お金を借りたい理由、返済計画など)を提供することで、情報の非対称性の解消と透明性確保を図る。

 maneoが主として借り手側ユーザーの管理を担当し、子会社であるmaneoマーケットが貸し手側ユーザーの管理を担当するという。

080828_maneo.jpg maneoが目指す利用用途、金額のゾーン

 なお、maneoのほかにもSBIプロスパーやZopaが国内でソーシャルレンディングサービスを展開するための準備を進めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加