logo

サンディスク、毎秒30Mバイトの最速SDHCカード「Extreme III」発売へ--ニコンD90との相性をアピール

坂本純子(編集部)2008年08月27日 19時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンディスク・コーポレーション8月27日、毎秒30Mバイトを達成するSDフラッシュメモリカード「Extreme III 30MB/s エディション」を発表した。

 SDとしては、最速の転送スピードという。9月上旬より各国で発売が予定されている。価格はオープンで、市場想定価格は4Gバイトが7000円、8Gバイトが1万2000円、16Gバイトが2万3000円。

SDフラッシュメモリカード「Extreme III 30MB/s エディション」 SDフラッシュメモリカード「Extreme III 30MB/s エディション」

 このカードは、同日ニコンより発表されたデジタル一眼レフカメラ「ニコンD90」で、最速の連写性能を発揮するという。サンディスクのコンシューマ製品マーケティング部ディレクターのスーザン・パーク氏は、「D90は、Extreme IIIの機能をフルに活かせる最初のカメラになると思う」と説明。

 発表会場でも、実際に連写するデモをしたり動画撮影機能「Dムービー」を使ったりしてデジタルカメラとともにカードをアピールした。

D90の最高画質で連続撮影比較したところ。Extreme IIIは大幅にアップした D90の最高画質で連続撮影比較したところ。Extreme IIIは大幅にアップした

 2008年、創立から20周年を迎えたサンディスクは創業からこれまでを振り返り、かつてはフロッピーディスクを記録媒体としていたが、現在はUSBフラッシュメモリへシフトしたこと、カセットテープからポータブルオーディオプレイヤーに変わったことなどを挙げた。

 中でももっとも変貌したのはデジタルイメージング事業だという。36枚撮りのフィルムから、1000枚の写真を1枚のカードで収まるようになるなど、「Changed the World」をキーワードとしてフラッシュメモリの革新を起こしてきたと語った。

2007年の745万台から2010年には1400万台と予測(IDC調査) 2007年の745万台から2010年には1400万台と予測(IDC調査)

 IDCの調査によれば、デジタル一眼レフカメラにおける消費需要は増えており、デジタル一眼レフのグローバルでの需要は、2007年の745万台から2010年には1400万台になると見込む。約88%の成長率で、今後もデジタルカメラ市場の成長は続くとしている。

 なお、メモリカードにおける現在のサンディスクのマーケットのシェアは、米国が50%、欧州が37%、日本が26%。いずれもトップだが、まだ日本での知名度は十分でないとして、今後もシェア拡大に向けて進んでいくとしてる。

-PR-企画特集