logo

マイクロソフト、Hyper-Vベースのサーバ仮想化ソリューションの検証を実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)、マイクロソフトの3社は8月27日、マイクロソフトのサーバ仮想化技術「Microsoft Hyper-V」およびサーバ仮想化の管理製品「Microsoft Virtual Machine Manager 2008」をベースとする仮想化ソリューションの検証を共同で実施すると発表した。

 今回の共同検証では、CTCの技術検証施設「テクニカルソリューションセンター」(TSC)内に、日本HPのx86サーバ「HP ProLiantサーバ」およびストレージ製品群「HP StorageWorks」を検証用プラットフォームとして、Windows Server 2008に実装されたHyper-V、Virtual Machine Manager 2008を組み合わせ、ユーザーの導入環境を想定したシステムを構築した。キャパシティ、可用性などの基本動作を検証することにより、サイジングデータの取得およびシステム構築手法の確立を目指すという。

 3社は、検証で確立したシステム構築手法により構築したサーバ統合ソリューションを、CTCの仮想化ソリューションのラインアップとして2008年秋から提供するとともに、同ソリューションの共同プロモーションを展開するとしている。

-PR-企画特集