ハンファ・ジャパン、防水カメラ付きの水中マスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハンファ・ジャパンは、カメラ/ビデオカメラ機能を搭載した水中マスク「UDCM301」を8月8日に発売した。同社のオンラインショップでの限定販売で、価格は1万2800円。

 水中マスクの中央部に300万画素CMOSセンサーのカメラを搭載。カメラは防水設計になっており、水深5mまでの水中撮影が可能。静止画/動画の撮影モードに対応し、静止画は2048×1536画素、動画は640×480画素で記録できる。記録方式は静止画がJPEG形式、動画がMotionJPEG 形式。

 このほか、撮影モードや撮影枚数、動画・静止画モードの確認ができるLCDパネルとLEDを搭載。約16MBの内蔵メモリのほか、最大2GBまでのMicroSDカードに対応する。電源は単4型乾電池2本。ニッケル水素電池を使用し、録画モードを利用した場合のバッテリー持続時間は、約30分。重さは約300g。対応OSはWindows Vista/XP。

ハンファ・ジャパン=http://www.hanwha-japan.com/
「UDCM301」=http://www.hanwha-japan.com/products/udcm301/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加