logo

フェンリル、タブブラウザの外観をフルカスタマイズできる「Sleipnir 2.8」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェンリルは7月31日、同社が企画、開発、提供するタブブラウザ 「Sleipnir」の最新版「Sleipnir 2.8」を公開した。

 Sleipnir 2.8では、新たにフレーム機能を実装した。これまで、フレーム部分およびシステムボタン部分には、 Windowsの画面プロパティで設定したデザインが適用されていたが、タイトルバーなどのフレーム部分や、最小化、最大化などのシステムボタンにもスキンを適用し、Sleipnirの外観すべてをスキンでカスタマイズきるようになった。

 また、Mac OS用のShapeShifterテーマを手掛けるグラフィックデザイナーのDaisuke Yamashita氏デザインの「Siro」「Kuro」 2種のテーマをSleipnirに移植し、Sleipnir用公式スキンとしてリリースした。それぞれのスキンは、ダウンロードページにて配布している。

 さらに、6月28日に東京で開催された「第2回フェンリルユーザーミーティング」の参加ユーザーからの要望に応え、タブの復元や確認の表示など、いくつかの機能追加と仕様変更を実施している。

-PR-企画特集