ついにiPhoneが発売開始--表参道には1000人以上が行列

永井美智子(編集部)2008年07月11日 08時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月11日午前7時、ついに国内でもiPhone 3Gが発売になった。ソフトバンクモバイルの旗艦店である表参道店には1000人以上が行列を作り、当日分の受付が終了する事態となった。

 ソフトバンクモバイル広報によれば、予想を上回る人数の行列ができたため、午前3時20分時点に並んでいた人までで当日分を締め切った。ただし翌日以降の購入でもかまわない場合は行列を受け付けており、表参道店が開店した7時以降も行列に加わる人の姿が見られた。

 開店時にはソフトバンクモバイル代表取締役社長の孫正義氏も来店。7時の開店をカウントダウンするとともに、最初に契約を済ませた人と握手を交わしていた。

 行列の最初に並んだ人は8日お昼ごろから並んでいたといい、iPhoneを手にした人は口々に「やっと買えてうれしい」「画面がiPod touchよりもきれい」などと声をはずませていた。

 表参道店は13日まで、iPhoneの新規、機種変更の契約のみ受け付ける。

080711_apple.jpg ソフトバンクモバイルの孫氏(左)と、最初にiPhoneの契約が完了し、iPhoneを手に入れた国内第1号となったユビキタスエンターテインメントの近藤誠さん(右)。近藤さんは行列の順位では4番目だったが、前に並んでいた人の契約に時間がかかったことと、番号ポータビリティの場合は9時からの受付であったことから契約完了第1号となり、「前に並んでいた人に申し訳ない」と恐縮していた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加