LinkedIn的モデルは日本でも成功するか(その2)--オープン時代のビジネスネットワーキング術

永井美智子(編集部)2008年07月08日 10時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LinkedInのモデルをベースに、デジタルガレージの伊藤穰一氏と慶應義塾大学教授の國領二郎氏が働き方や企業の人材戦略について考える対談の第2回。人材が流動的であることは、働く人にとって本当に幸せと言えるのだろうか。対談は全4回で、「LinkedIn的事業は日本でも成功するか(その3)--オープン時代のビジネスネットワーキング術」に続く。

再生時間:8分16秒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加