RIM、3-5月期決算で増収増益--予想下回る業績見通しで株価は下落

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:矢倉美登里、長谷睦、編集部2008年06月26日 12時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Research in Motion(RIM)の売り上げと1株あたり利益は倍増したが、これでも投資家にとっては満足のいく値でなかったようだ。業績見通しが予想を下回ったことを受け、米国時間6月25日にRIM株は下落した。

 RIMは、2009年第1四半期(3-5月期)に前年同期比107%増となる22億4000万ドルの売り上げを計上した。純利益は4億8250万ドル、1株あたり利益は84セントだった。前年同期の1株あたり利益は39セントだった。これらの数字はいずれもRIMが前四半期に設定した予想値の範囲内だったが、アナリストの予想をわずかに下回った。Thomson Financialが集計したアナリストの予想平均値では、売り上げが22億7000万ドル、1株あたり利益が85セントだった。

 だが、投資家の本当の不満の原因は、RIMが発表した次四半期の業績見通しだ。同社は、第2四半期の売り上げは25億5000万〜26億6000万ドル、1株あたり利益は84〜89セントとする業績見通しを発表した。だが、アナリストは1株あたり利益を90セントと予想していたため、時間外取引でRIM株は9%以上下落した。決算発表前の25日の終値は、1.87ドル(約1%)上昇し142.35ドルだった。

 RIMは、第1四半期のBlackBerryサービスの新規加入者は230万人、出荷台数は540万台と報告している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加