ヤフー、メールサービスで利用可能な2つの新ドメインを発表

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年06月20日 16時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Yahooのウェブメールサービス「Yahoo Mail」で、新たに「ymail.com」と「rocketmail.com」の2つのドメインが利用可能になった。新規ユーザーの取り込みと、既存ユーザーのつなぎ留めが狙いだ。

 Yahoo Mail担当バイスプレジデント、John Kremer氏によると、新ドメインの追加は、ユーザーがより自分の好みに合ったアドレスを取得できるようにすることが目的だという。「ユーザーが希望通りのメールアカウントを取得し、末永くわれわれのサービスを利用してくれることを願っている」(Kremer氏)

 従来は、例えば自分の名前に@yahoo.comを加えたアドレスはすでに別のユーザーに利用されている可能性が高いため、多くの人は、不本意ながらも自分の名前の後に年号の「1988」などを追加した、覚えにくいアドレスを利用せざるを得なかった。そこで、ユーザーが好きなアドレスを取得できる新たな機会を提供しようというわけだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加