NTTドコモ、ドットコード事業を展開する新会社「DPC」を設立--グリッドマークと資本提携

松田真理(マイカ)2008年06月17日 21時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモとグリッドマークは6月18日、携帯電話分野におけるドットコードビジネスを展開する新会社「DPC」を設立する。

 ドットコードとは、ドット(点)を使用したパターンコードのこと。ドットパターンにコード番号や座標情報を定義し、スキャナでタッチして情報が呼び出せる。グリッドマークは、このドットコード分野の研究開発、販売などをしている企業だ。

 DPCの資本金と資本準備金はそれぞれ2億3750万円で、出資比率はドコモが63.2%、グリッドマークが36.8%となる。

 この新会社設立に合わせて、ドコモとグリッドマークは資本提携した。ドコモが6月16日、グリッドマークの発行済み株式総数の8.9%に当たる普通株式2400株を、第三者割当増資等によって約3億円で取得した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加