MITの研究グループ、Wiiリモコンを利用したリズムゲームを披露

文:Daniel Terdiman(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年06月04日 16時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マサチューセッツ工科大学(MIT)がシンガポールに置く研究所Gambit Game Labの研究者が自分たちが開発したゲームに何か述べるとすれば、視覚に問題があるゲーム愛好家も健常者と同様にゲームができるということだろう。

 Gambit Game Labは米国時間6月3日、ゲーム「AudiOdyssey」を披露した。このゲームは音のみをベースとしたもので、プレーヤーはDJを真似て、ダンスしたくなるようなビートを作成して楽しめる。

 視覚に障害がある人もない人も、プレーヤーはモーションセンサが付いたWiiリモコンを利用して、土台となるリズムの上により複雑な音楽を組み合わせる。これが、このゲームの仕組みだ。

 AudiOdesseyは通常のPCのキーボードでも操作できるよう設計されており、Wiiリモコンなしでも楽しむことができる。

 視覚障害者向けのゲームは、何も新しいものではない。だが、AudiOdysseyが興味深い点は、視覚障害のあるなしに関係なく、あらゆるプレーヤーが同じレベルでプレイできるという点だ。

 健常者の友人とゲームをしたいと思っている視覚障害者は多いだろう。もしAudiOdysseyが成功すれば、このようなゲームの市場開拓につながり、今後こうしたゲームの企画や販売が進む可能性がある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加