logo

「インディ・ジョーンズ」最新作で使用されているCGの秘密

文:Michelle Meyers(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年05月27日 13時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--あの聞き慣れた「インディ・ジョーンズ」の音楽には何かある。「ドゥンタドゥンター、ドゥンタダー」というあれである。

 公開されたばかりの「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」の約450点のコンピュータ生成映像(CGI)を相手に何カ月もあくせく働き、明らかに疲れ切っているにもかかわらず、Hayden Landis氏はこのテーマ音楽を聴くと今でも興奮する。

ILM  「インディ・ジョーンズ」最新作でコンピュータグラフィックスの監督を務めたIndustrial Light & MagicのHayden Landis氏が、サンフランシスコのLucasfilmの本部にある特殊効果部門でスチル写真を見る。
提供:Michelle Meyers/CNET News.com

 「自分の中の小さな子供が顔を出すのだ」とこの映画のコンピュータグラフィックスの監督であるLandis氏は劇場予告編の開始部分の音楽を思い出しながら述べた。「わたしはインディ・ジョーンズとともに育った」(Landis氏)

 Landis氏と同氏が率いるLucasfilmのIndustrial Light & Magic(ILM)のチームがこの映画のビジュアル効果で作り出そうとしたのは、まさにそのようなノスタルジックな感覚なのだ。それはSteven Spielberg監督の要請だったとLandis氏は言う。

 それがノスタルジーであれその他の動機であれ、人々は大挙してこの映画を見にやってきた。Hollywood Reporterは米国時間5月25日、「クリスタル・スカルの王国」は公開最初の週に世界中で総額2億6900万ドルの興行収入を計上し、すべての主要な市場で第1位になったと報じた。米国ではAssociated Pressが、同映画は23日から25日までに1億100万ドルを売り上げ、それに加えて22日の初日の夜には2500万ドルの興行収入を計上したと推測されると報じている。

 Landis氏は23日当地にあるILMの本部で、Spielberg氏は「他のすべてのインディ・ジョーンズ映画と同じような見た目にしたかった」のだとCNET News.comとのインタビューで説明してくれた。Spielberg氏はさらに、27年前に公開されたシリーズ第1作「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」で使用されたのと同じレンズの1つを使って映画を撮影した。

-PR-企画特集