logo

MS、Officeドキュメントのオンラインストレージを試験運用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは5月23日、Officeドキュメントのオンラインストレージサービス「Microsoft Office Live Workspace」日本語ベータ版の試験運用を開始した。Windows Live IDに登録することにより、無料で利用できる。

 Office Live Workspaceは、Word、Excel、PowerPointなどで作成したドキュメントを、500Mバイトのオンラインストレージにまとめて保存でき、ドキュメントを共有したり、共同作成したりできるサービス。

 Officeがインストールされていないコンピュータでも、ブラウザからドキュメントを閲覧したり、コメントを追加したり、簡易なリストやノートを作成したりできる。

 Office XP、Office 2003または2007の各アプリケーションにアドオンをインストールすると、直接Office Live Workspace上のドキュメントを開いたり、保存したりできる。

 Office Live Workspaceに保存したドキュメントは、共有したい相手のメールアドレスを入力するだけで共有でき、共有相手ごとに編集、閲覧などの権限付与が可能となっている。

 チェックイン、チェックアウト機能、バージョン管理の機能を標準搭載しており、ドキュメントの変更履歴を1カ所で管理できる。また、ドキュメントに対して変更が行われた場合、自動的に管理者に通知する機能も搭載する。

 このほか、Office Live Workspace上から無料でダウンロードできるMicrosoft SharedViewを使用することで、複数メンバーでリアルタイムにドキュメントを編集加工することもできる。

-PR-企画特集