logo

OLPC元幹部、新たなSugarインターフェース推進団体Sugar Labsを設立

文:Erica Ogg(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年05月19日 12時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 低価格コンピューティングプロジェクトOne Laptop Per Child(OLPC)の元プレジデントであるWalter Bender氏が、Sugar Labsと呼ばれる非営利団体を設立した。Sugar Labsは、Bender氏がOLPCプロジェクト向けに開発したSugarグラフィカルインターフェースを推進する。

 Sugar Labsは、Sugar対応アプリケーションの開発者やSugarを自社のデバイスに利用したい他のハードウェアメーカーと協力していく予定だ。

 Bender氏はSugar Labsのウェブサイトで次のように述べている。「Sugar Labsは、特定のハードウェアプラットフォームに依存せず、またフリー、オープンソースソフトウェアの原理原則を維持し続けることにより、他の開発者が多様なインターフェース、アプリケーションを開発できるようにする。そして、政府や学校がその中から選択できるようにする」

 Bender氏の言う「他の開発者」リストには、人気の「Eee PC」で知られる台湾のPCメーカー、ASUSTeK Computer(ASUS)などの名前が挙げられている。

 Bender氏は4月にOLPCを退職した。これは、OLPCの創設者が、価格188ドルのXOノートPCにSugarとLinuxを使用することをあきらめ、代わりにWindows XPを導入する方向に傾いていることが明らかになった後のことだ。

 Microsoftは米国時間5月15日、XOノートPC向けにWindowsを提供することを正式に発表した。しかし、OLPCは今後もLinuxを搭載したPCも提供していく。OLPCの創設者兼会長のNicholas Negroponte氏はCNET News.comとのインタビューの中で、OLPCはSugarインターフェースのWindowsへの移植を目指しており、現在、その件について複数のサードパーティー企業と「交渉中」だと語った。そのサードパーティー企業の中には、Sugar Labsも含まれていると見られる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集