logo

アドビ、「Flash Player 10」のベータ版をリリース

文:Mike Ricciuti(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル、編集部
2008年05月15日 18時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobe Systemsは米国時間5月15日、最新版の「Adobe Flash Player」ソフトウェアのベータテスト版をリリースした。

 「Adobe Flash Player 10」(開発コード名「Astro」)では、3Dアニメーションのサポートの向上、ビデオハードウェアによるアクセラレーションといった改良が施されている。

 AdobeによるとFlash Player 10では、同社が無償で提供する「Pixel Bender」ツールで作成したカスタムのビジュアルエフェクトをサポートする。開発者は、実行時にFlash Playerによってレンダリングできるエフェクトを作成するコードを記述することができる。

 さらに開発者は、グラフィックスプロセッサのパワーを使用してレンダリングするようにコードを記述することができ、それによってパフォーマンスを高速化して、CPUの帯域幅を解放することができるとAdobeでは説明している。

 Flash Player 10のベータ版はAdobe Labsのサイトから入手できる。

 Flash Player 10の対応OSは「Windows Vista」「Windows XP」「Windows Server 2003」「Windows 2000」「Mac OS X」およびLinuxである。

 Adobeによると、Flash Player 10の新機能の一部は最終的に「Adobe AIR」の将来のリリースおよび「Open Screen Project」(モバイル機器向けのFlashベースのテクノロジについて業界の合意を形成することを目的としたAdobe主導の業界団体)に取り込まれる予定だという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集