logo

トランスコスモス、「メディア分析型リスティング運用サービス」を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トランスコスモスは5月1日、リスティング広告の運用を支援する「メディア分析型リスティング運用サービス」を提供開始した。

 メディア分析型リスティング運用サービスは、顧客企業のウェブサイトや、CGM・クチコミサイトなどの情報、競合他社の広告出稿状況などの情報を、同社が独自に開発した運用支援システムで収集し、それを分析し、キーワードの抽出作業や、出稿中の広告原稿の更新作業など、運用作業全般を自動化するサービス。

 野村総合研究所のテキストマイニングツール「TRUE TELLER」や、マーケットスイッチ・ジャパンの最適化エンジン「TOM(true for outbound marketing)」を組み合わせ、最適な広告のコピーや表現を抽出し、統計理論上で最適と思われる入札条件によりシミュレーションすることにより、最適な出稿計画を策定できるという。

 利用料金は個別見積もりで、月額5万円からとなっている。

-PR-企画特集