レッドハット、Linuxデスクトップで方針転換

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年04月18日 11時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Red Hatのデスクトップソフトウェア部門は米国時間4月16日、計画のアップデートを発表した。同部門は今後、特定の市場に狙いを定めつつ、コンシューマ市場でのMicrosoftとの対峙を避ける意向だという。

 Linux Desktopチームの説明は以下の通り。

 営利目的の公的な企業として、Red Hatは、製品やテクノロジーを利益性という観点から作り出してゆくことが求められている。この課題は、サーバよりもデスクトップ分野のほうで実現が難しい。デスクトップ市場は現在、独占ベンダー1社に占有されており、一部のユーザーは、Linuxデスクトップがその代替になり得ないと考えている。

 こうした考え方の下、Red Hatは企業や開発者向けに、自社サーバと連係するデスクトップソフトウェアを開発する。

 新興市場の再販業者を対象とした製品「Red Hat Global Desktop」の開発は、ビジネス上の問題を理由に約1年間遅れている。同社は「まもなく」リリースするとの意向をブログで示している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加