トランスメディアGP、GPS連動で位置情報などを共有できる携帯電話サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トランスメディアGPは4月17日、GPS連動のFlashで生成された地図上で友達の場所やブログ、口コミ情報、クーポンなどを共有できる携帯電話向けサービス「mapii」ベータ版(http://mapii.jp/)を公開した。

 mapiiは、招待した友達やサービス内で友達設定をしたユーザーと位置情報を共有できるサービス。仲の良い友達や会社の同僚、サークル仲間など、気心の知れた友人との待ち合わせなどに活用できる。

 地図を含むインターフェースにはFlashの動的生成技術を活用し、視認性と操作性を高めた。また、地図だけでなく、地図連動のブログやミニメールの機能も提供しており、ほかのユーザーが投稿した口コミ情報も共有できる。

 また、ユーザーの半径1キロ〜10キロ以内で新しい口コミ情報が投稿された際や、ユーザーのブログにコメントがあった場合にはメールで通知されるため、リアルタイムな情報交換が可能だとしている。そのほか、任意の距離内にいる会員20名に質問メールを送るといった機能もそなえる。

 同社では4月下旬にバージョンアップを予定している。今後は地図上に飲食店のクーポン情報を表示するほか、地図上で利便性のある無料コンテンツサービスを随時拡充していき、初年度100万人の会員獲得を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加