フォアキャスト・コミュニケーションズ、現代アートのポータルサイト企画・運営に向け新会社を設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トランスコスモスは3月28日、フォアキャスト・コミュニケーションズが新会社として「株式会社東京アートクロス」を、4月1日に設立すると発表した。

 フォアキャスト・コミュニケーションズは、トランスコスモスの関連会社であり、日本テレビのIT戦略子会社としても事業を展開している。このたび、現代アートの総合ポータルサイトを企画・運営する新会社として東京アートクロスを設立する。資本金および資本準備金は1億円。株主は、資比率100%のフォアキャスト・コミュニケーションズとなる。

 新会社ではアート専門のECサイトの構築を行う予定でmサイトオープンは6月後半の見込み。商品の購入受付から決済、発送までの一元管理を可能にするサービスを提供する。

 また、国内外の現代アートの作家や作品、展覧会などに関する情報を配信する。サイト上で行われるユーザー同士の情報コミュニケーションにより、信頼度の高い情報コンテンツを提供し、EC機能と情報コンテンツがシステム連携することで相乗効果を図る。

 トランスコスモスでは新サイトにつて、情報収集やネットショッピング、ユーザー同士の意見交換などを複合的に楽しめる総合ポータルサイトになるとしている。また、アート供給者とユーザーをサイト上でつなぐことにより、日本の現代アート市場全体の活性化を目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加