logo

オンキヨー、9月にソーテックを吸収合併、AVC事業強化へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨーは3月19日に、ソーテックを株式交換によって08年9月に吸収合併すると発表した。これにともない、ソーテックの株式は、大阪証券取引所ヘラクレス市場で上場廃止となる予定。

 オンキヨーは、AVC(オーディオ・ビジュアル・コンピュータ)事業の強化に向け、07年8月にソーテックと業務・資本提携し、同社を子会社化。オンキヨーの技術やデザイン力のソーテックPCへの活用や、ソーテックのPC生産拠点やリペアセンター、コールセンターをオンキヨー子会社の鳥取オンキヨーへ移管するなど、全社的な構造改革を進めている。さらに今回、1つの事業体として完全に一体化し、シナジー効果の最大化を図ることが両社にとって最良であると判断。株式交換と合併を実施することで合意した。合併後は、AV機器とPCの企画・開発の促進や、両社の流通チャネルと人的資源の活用による販売力強化などを見込む。

 今回の合併は、まず、08年7月22日にオンキヨーを完全親会社、ソーテックを完全子会社とする株式交換を実施。その後、08年9月1日にオンキヨーがソーテックを吸収合併する方法で行う。合併に先立ち株式交換を行う理由は、いったんソーテックをオンキヨーの完全子会社とすることで、両社間で重複する業務の見直しや運営方法の統合、ソーテックの取引先などの承継を円滑に進め、合併後の新体制の発足を円滑に行えるようにするため、としている。

-PR-企画特集