logo

日本ビクター、業界初、動画・静止画・テロップを同時表示する電子POP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ビクターは3月4日、セールスプロモーション市場向け電子POPとして、業界で初めて、動画・静止画・テロップを同時表示する新型表示エンジンを搭載したメモリーカードプレーヤー「パブリオ TX-700」を3月末に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は3万5000円前後の見込み。

 新型表示エンジンを搭載し、地域別や期間キャンペーンの告知、消費者層に合わせた訴求力の高いコンテンツなどを、動画・静止画・テロップを使って同時に表示することが可能。陳列商品を引き立てる商品照射用「目立ちライト」や、売場で映像・音声を確実に伝える「高画質 7型ワイド LCDパネル」「高音質バスレフ方式スピーカー」も搭載。

 「USBメモリ転送」機能を装備し、手持ちのUSBメモリから、「パブリオ」に装着されたSDカードにデータを一括転送することで、簡単・迅速にコンテンツの更新が可能。コンテンツの放映スケジュールなどの情報も同時に転送することができる。電源投入で自動スタートする「パワーオンプレイ」機能、自動的に再生のオン/オフを行う「タイマー」機能や、長時間のコンテンツでも一発で頭出し可能な「はじめから再生ボタン」も搭載した。

 音量や電源などのスイッチ操作をいたずらから守る機能や、店頭に設置された「パブリオ」からのコンテンツの流出や著作権保護、第三者のコンテンツ書き換えによる不正使用から守る保護機能も搭載。ACプラグの埃による発煙・発火を防止する耐トラッキングACプラグも装備する。

 対応記録メディアはSDメモリーカード(最大2GB)。再生可能ファイル形式は、動画がMPEG1/2、静止画がJPEG/BMP。音声のみのデータはMP3に対応する。タイマー専用電池を搭載し、電源オフ状態でも長期間、設定時間を保持することが可能。本体サイズは幅229×高さ115×奥行き38mm、重さは約600g。

-PR-企画特集