AVCHD対応のビデオ編集ソフトが人気、個人で編集する映像新時代幕開けか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタルビデオカメラで撮影した映像をPCで編集するビデオ編集ソフト、その高級化が進んでいる。特に目立つのは高い圧縮率でハイビジョン映像が記録できるAVCHD規格対応の製品。平均価格もじりじりと上昇し、最近では5000円以上1万円未満のものが3割を占めるまで拡大してきた。「BCNランキング」で最新の動向をまとめた。

●平均価格が年間で1000円上昇、高級化路線ジワリ

 ビデオ編集ソフトの価格推移を見ると、07年2月は税別平均価格(以下同)7913円だったのが08年1月には8925円と、この1年で1000円程度アップ。また、価格帯別販売本数シェアの推移では、以前は40%前後で最も多かった5000円未満クラスに代わって、5000円以上1万円未満のクラスが 30%台後半まで伸びてトップになった。07年後半以降、全体の販売金額では前年比で微増のレベルを維持しており、やや高めの製品が市場を支えているようだ。

【図と記事詳細はこちら】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加