logo

ソフトバンクモバイル、人工知能型アプリ搭載した変形する携帯電話「フォンブレイバー 815T PB」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイルは2月27日、テレビ番組のキャラクターをモチーフとした携帯電話「フォンブレイバー 815T PB」を4月下旬以降に発売すると発表した。

 フォンブレイバー 815T PBはテレビ東京系6局ネットで4月2日夜7時より放映が開始される予定の新番組「ケータイ捜査官7(セブン)」に登場するキャラクター「フォンブレイバーセブン」「フォンブレイバーゼロワン」をモチーフにした携帯電話だ。カラーバリエーションは「X07(ゼロナナ)シルバー」「X01ブラック」の2色。

 フォンブレイバー 815T PBは同梱されるパーツ「フォンブレイバーパーツ」を装着することで番組に登場する「フォンブレイバー」へと変形(トランスフォーム)する。フォンブレイバーパーツは手足の関節が動かせるため、さまざまなポーズを楽しむことができる。

 また、人工知能型待ち受けアプリ「バディトーク」を搭載する。待ち受け画面にさまざまな表情を表示し、携帯電話が持ち主に対し話しかけたり質問したりすることでミュニケーションを深めることができる。日々の会話などを通じて、携帯電話が持ち主の行動を学習し、それに応じた内容で話しかけてくるなど、携帯電話が成長していく。

説明 「フォンブレイバー 815T PB」

-PR-企画特集