logo

イー・モバイル、音声サービスを3月28日開始へ--HTC、東芝が端末を供給

永井美智子(編集部) 南謙治2008年02月25日 14時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イー・モバイルがついに音声通話サービスを開始する。HTC製「S11HT(EMONSTER)」と東芝製「H11T」の2機種を用意し、3月28日に開始する。

 HTC端末はQWERTYキーボードとWindows Mobile 6 Profession搭載のスマートフォン。下り最大3.6Mbpsの高速通信が可能で、GPS機能を利用し、モバイルGoogleマップやNAVITIMEなどのナビゲーションサービスが利用できる。

S11HT(EMONSTER) HTC製「S11HT(EMONSTER)」(画像提供:イー・モバイル)

 東芝のH11Tは折りたたみ型の端末。ワンセグが閲覧できるほか、着うたなど他社で人気のサービスも利用可能だ。こちらも下り最大3.6Mbpsの高速通信が可能。

H11T 東芝製「H11T」(画像提供:イー・モバイル)

 料金は契約プランによって異なる。2年契約で端末購入代金の割賦払いを選択した場合、電話基本料は無料だが、データ通信料として月額1000円から4980円かかる。また、通話料金は30秒18.9円、ショートメッセージ(SMS)は1通2.1円。端末の割賦代金として別途月額1000円かかる。この場合、端末購入時に別途、S11HTであれば1万9980円、H11Tであれば9980円支払う必要がある。

 なお、パケット定額料金には1000円分の通信料が含まれ、PC接続を含むデータ通信に利用可能という。また、携帯電話端末とデータカードのセットプランである「ケータイプランデータセット」の場合、パケット定額も月額0円から利用可能となり、2年契約時の上限金額は3980円となるという。

 このほか、加入者同士であれば24時間通話が無料になる「定額パック24」も用意する。月額料金は980円で、他社の携帯電話やPHSとの通話は30秒9.45円、固定電話やIP電話宛ては同5.25円。SMSは無料になる。

 通話エリアはNTTドコモとのローミングによりカバーする。ただし、当初国内ローミングに対応するのはH11Tのみ。ドコモとの契約は「最長で2010年10月末までの提供」(イー・モバイル)という。ローミングエリアは25道県のみ。国内ローミングの利用には別途イー・モバイルへの申し込みが必要で、月額105円のほか、通話料金が30秒あたり22.05円、パケット通信が1パケットあたり0.0735円、SMSは1回5.25円〜7.35円かかる。

 インターネット接続サービスとして、「EMnet」を開始。これはNTTドコモのiモードなどにあたるものだ。月額利用料金は315円で、「○○○@emnet.ne.jp」といったメールアドレスが付与される。EMnetのポータルトップページにはGoogleモバイルを採用した。

 3月1日より、同社のサイト上およびイー・モバイル取扱店で予約販売を開始する。

お詫び:記事中、当初H11Tの製造メーカーを日立製作所としておりましたが、正しくは東芝でした。また、パケット定額料金に含まれる通信料はデータ通信にのみ利用可能で、音声通話には適用されません。関係者の皆様、および読者の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

-PR-企画特集