Black Hat 2008がワシントンで開幕--専門家による多数の講演を予定

文:Robert Vamosi(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年02月20日 18時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワシントン発--Black Hat D.C. 2008(Briefings)が米国時間2月20日、密度の高い2日間の研修セッションを終え開幕した。ワシントンD.CのBlack Hatセキュリティカンファレンスは、ラスベガスで開催される夏のBlack Hat USAに比べ規模はかなり小さいが、その代わりセッションや講演は充実している。

 20日は、米国家安全保障省全米サイバーセキュリティ部門のディレクターを務めたJerry Dixon氏の基調講演で始まる。ウェブアプリケーションをテーマとするトラックとワイヤレスをテーマとするトラックあり、これには、MandiantのChuck Willis氏によるクロスサイトスクリプトに関する法的問題や、Adam Laurie氏による実環境におけるRFIDハッキング、Nitesh Dhanjani氏とBilly Rios氏によるフィッシャー対策、Sachin Joglekar氏とSundeep Patwardhan氏によるIPsecトンネル経由のVoIPに対する攻撃、Neal Krawetz氏による画像分析に関する講演が含まれている。

 21日には、防御をテーマとするトラックとハードウェア/埋め込み型ハードウェアをテーマとするトラックが予定されている。これには、Christopher Tarnovsky氏によるセキュアデバイスにおけるセキュリティ上の障害やZac Franken氏によるバイオメトリックなどに関する講演がある。

 この2日間にわたるイベントを通じて、専門家による講演が多く組まれ、講演者と話をする機会もある。20日午後には追加の講演も予定されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加