logo

広がる薄型テレビブランドケータイ、各社の戦略は?――後編:PMC「VIERAケータイ」、日立「Woooケータイ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワンセグケータイの需要拡大を受け、07年は薄型テレビブランドケータイが広がった。パナソニックモバイルコミュニケーションズ(PMC)は「VIERA(ビエラ)ケータイ」を、一方日立製作所は「Wooo(ウー)ケータイ」を相次いで投入。テレビとケータイを融合させる戦略に打って出た。そこで、各社の薄型テレビブランドケータイ戦略や方向性についてまとめた。

●明るさを追求した高画質と「Wオープン」で勝負するVIERAケータイ

 パナソニック モバイルコミュニケーションズが投入したのは、松下電器産業の薄型テレビ「VIERA(ビエラ)」ブランドを使った「VIERAケータイ」。ドコモ向けのワンセグ対応端末「P905i」として投入し07年11月末に発売した。

【写真と記事詳細はこちら】

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]