スカイゲート、「地球の歩き方」より格安航空券の販売事業を譲受

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スカイゲートは2月18日、地球の歩き方より、格安航空券販売サイト「アルキカタ・ドット・コム」における、格安航空券の販売事業を譲り受ける契約を締結したと発表した。4月中に譲受を完了し、以降、2社共同でアルキカタ・ドット・コムを運用する予定。

 DeNAの子会社であるスカイゲートは、リアルタイム空席照会、即時予約、即時決済のワンストップ提供や、携帯電話対応を行う総合旅行サイト「スカイゲート」を運営している。

 一方地球の歩き方は、1999年より格安航空券の販売サイトである、アルキカタ・ドット・コムを運営。国内主要都市からの、格安航空券、海外ツアーやホテル、レンタカー予約などのサービスを提供している。

 このたびの事業譲受により、アルキカタ・ドット・コムでは、これまでのオペレータ対応に加え、スカイゲートが持つ航空券販売システムを導入。リアルタイムの空席照会や即時予約、即時決済など、インターネットでの24時間ワンストップサービスを提供する。

 また、今後もアルキカタ・ドット・コムでは、ガイドブック「地球の歩き方」で培った旅行のノウハウや、新しいCGMサービス「旅スケ」など、海外旅行情報を提供し、個人旅行者への航空券、ホテル、ツアー購入を継続してサポートしていく予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加