CESA、TGS2008開催発表会を開催、開催テーマは「さあ、行こう! GAMEの時間です。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TGS2008は、"来場者数18万人以上"、"出展者数170社"、"出展小間数1550小間"を目指す

 社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、2008年2月15日、「東京ゲームショウ2008 開催発表会」を開催した。

 東京ゲームショウ2008は(TGS 2008)、既報の通り2008年10月9日(木)から12日(日)の4日間、千葉県 幕張メッセで開催される。昨年の東京ゲームショウ2007は、トレードショウとしての機能強化と国際化の推進を図るため初の4日間開催となり、出展社数、来場者数ともに過去最高を記録した。

 今年のTGS 2008では、これら実績を踏まえて"世界最大のコンピュータエンタテイメントショウ"として世界市場にに対する情報発信の拠点となるべく、開催規模の拡大と質の向上を目指すとしている。

 今回発表されたTGS 2008の施策としては、

  • すべてのエンターテインメントコンテンツが集結する場として新コーナーなどを拡充する
  • ビジネス環境の充実といっそうの国際化を目指す
  • ライトユーザー(キッズ、ファミリー層)および新規ユーザーの来場促進を図る

の3点に特に注力すると発表。開催規模は来場者数18万人以上、出展者数170社、出展小間数1550小間を目標に、世界的なイベントとしてさらなる拡大と質の向上を目指すとしている。

CESA 会長 和田洋一氏 CESA 会長 和田洋一氏

 挨拶に登壇した、CESA 会長 和田洋一氏は、昨年のTGS2007について、「ゲームショウがゲーム産業発展のための場のプラットホームとして成立した。今年はゲームショウの持つ役割を、もう一段飛躍できるレベルになったという印象を持っている」と語った。

 飛躍するためのアイデアの一例として、ゲームのアイデアを持つ人たちがプロトタイプを持ち寄り展示をすることで、"一緒に作ろう"、"販売に協力してほしい"といった交流の場としての機能を持たせることができれば、ゲームショウのもつ意味が大きく広がり、参加者、内容ともに厚みも増すのではないかとコメント。従来の枠にとらわれない展示や企画について積極的に行っていきたい考えを示した。

 最後に和田氏は、「世界最大のゲームショウになったTGSは、国際化の推進やトレードショウとしての機能強化はもちろん展示の質の向上を、多様化するゲームに対して、ゲームショウは"ゲーム交流のプラットフォーム"として拡大していく」と挨拶した。

今回のテーマは「さあ、行こう! GAMEの時間です。」

 CESAは、今回の開催テーマは「さあ、行こう! GAMEの時間です。」と発表。今回のテーマ決定について下記のように発表した。

 従来のゲームユーザーに加え、いままでゲームをやらなかった人達にも“ゲームをもっと楽しんでほしい”。その想いが、多彩なコンテンツを生み出し、ゲーム業界の飛躍的な進化を後押ししてきました。 いまや、家庭用ゲーム機だけでなく、様々な端末・メディアに対応し、あらゆるシチュエーションで、誰も が楽しめるエンターテインメントとして、私達の生活に浸透したGAME。 次なるステージに向けて更なる発展を目指すゲーム産業とエンターテインメントに携わる全ての人達が 全世界に向けて感動と喜びを体感してもらうために総力を結集した「東京ゲームショウ2008」。 夢と希望にあふれた4 日間、“GAME の時間”を存分に楽しんで頂くことを願ってこのテーマとしました。

東京ゲームショウ2008 開催概要

名称:東京ゲームショウ2008(TOKYO GAME SHOW 2008)
主催:社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
共催:日経BP社
後援:経済産業省(予定)
会期:
2008年10月9日(木) ビジネスデイ 10時〜17時
10日(金) ビジネスデイ 10時〜17時
11日(土) 一般公開日 10時〜17時
12日(日) 一般公開日 10時〜17時
会場:幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)
来場者目標:18万人
出展社見込数:170社
募集小間数:1550小間
実施予定コーナー:
一般展示
モバイルコンテンツコーナー
ビジネスソリューションコーナー
ゲームスクールコーナー
キッズコーナー
物販コーナー
PCオンラインゲームコーナー(新設)
※PCオンラインゲーム、PCオンラインゲーム向けサービス、PCオンラインゲーム 向けPCなどを出展対象としたコーナーです
入場料:一般・中学生以上 前売1000円/当日1200円(小学生以下は入場無料)

「東京ゲームショウ」公式ホームページ
http://tgs.cesa.or.jp/

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加