九十九電機、3万円台からの低価格デスクトップPC3モデル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 九十九電機(鈴木淳一社長)は2月14日、同社のPCブランド「eX.computer」から、低価格デスクトップPC「Sencia」シリーズの新型3機種を発売した。BTOでOS、CPU、メモリ、HDDなどのカスタマイズが可能。

 「Sencia」シリーズはシンプルな構成の低価格デスクトップPC。0.7mmの肉厚スチールによってボディの剛性と静音性を向上させ、フロント面はシルバー・黒による新デザインを採用した。

 全モデルで120mmの大口径ファンを装備する400Wの高出力電源ユニットと、PLEXTOR製のDVD±RWスーパーマルチドライブ「PX- 800A」を標準搭載。メモリモジュールにはセンチュリーマイクロ製のメモリを使用。microATXケースを採用し、オプションで120mmの静音ファンを追加できる。サイズは幅198×奥行き375×高さ370mm。

 ラインアップは基本構成の異なる3機種で、ディスプレイは別売り、OSはWindows Vista/XP/なしから選択可能。最小構成と価格は、最上位の「LB31J-8120E」が、CPUに「Core 2 Duo E4500(2.2GHz)」、メモリ1GB、容量320GBのシリアルATA HDDを備え、価格は5万9800円から。

 「LB31A-8110X」はCPUに「Athlon X2 BE-2350(2.1GHz)」、メモリ1GB、160GBのシリアルATA HDDを装備し、価格は4万9800円から。「LB31J-8100C」は、CPUに「Celeron 420(1.6GHz)」、512MBのメモリ、80GBのシリアルATA HDDを搭載し、価格は3万5800円から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加