logo

ドコモ、米Telargoとの資本関係を解消

松田真理(マイカ)2008年02月01日 18時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは2月1日、米国で企業向け位置情報サービスを提供するTelargo(テラーゴ)との資本関係を解消すると発表した。

 NTTドコモは、テラーゴの筆頭株主であるULTRA(ウルトラ)に対して、自社の保有するテラーゴの株式すべてを売却することで合意。これは、テラーゴの発行済み株式総数の49%に相当する。

 NTTドコモは2005年6月29日、テラーゴに対して2860万米ドルを出資。これにより、出資後の持分比率は約49%となった。NTTドコモは、グループ会社を通じて国内やタイでGPSを使った位置情報サービスを手がけており、テラーゴは、このノウハウを活用して米国で同様のサービスを提供していた。

-PR-企画特集