ウィルコム、迷惑メール対策を拡充

松田真理(マイカ)2008年01月31日 20時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウィルコムおよびウィルコム沖縄は1月31日、迷惑メール対策を強化し、「Outbound Port25 Blocking」の対象を拡張することを発表した。6月上旬をめどに開始する。

 Outbound Port25 Blockingは、迷惑メール送信業者の使用が予想される25番ポートを規制し、ISPが提供するメールサーバーを通らずにインターネットに向けて送信するメールを制限する。ISPや携帯通信事業者が設立した迷惑メール対策検討グループJEAG(Japan E-mail Anti-Abuse Group)が推奨する迷惑メール規制手法のひとつだ。

 同社では2006年5月より、Outbound Port25 Blockingを携帯電話へのEメール送信に導入。今回、対象をパソコンへのEメール送信に拡張する。具体的な日程については、今後同社ホームページなどで案内する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加