logo

goo、地図サービス「LocalMap」に「お気に入りスポット」機能を追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTレゾナントは1月30日、同社が提供する地図サービス「LocalMap」に、地図上の任意の場所に店舗や施設などの情報を登録することができる「お気に入りスポット」機能を追加した。

 LocalMapは、ポータルサイト「goo」の地域情報コーナー「goo地域」でベータ版として提供中の地図サービス。「goo ID」に登録することにより、無料で利用できる。

 今回の機能追加により、地図上の任意の場所にお気に入りの店舗や施設などの情報を、お気に入りスポットとして登録することが可能になり、自分だけの地図を作成することができるようになった。

 複数の地図を作成することができるため、それぞれの地図に登録するお気に入りスポットを変えることで、用途に応じた自分専用の地図を作成することができる。作成した地図はそれぞれ「公開/非公開」の設定が可能。

 また、他のユーザーが公開している地図およびお気に入りスポットや、goo地域が提供するおすすめ情報を、任意のキーワードで検索することができるほか、自分の地図にお気に入りスポットとして取り込んだり、関連する画像やオススメ度とともにコメントを登録することもできる。

 お気に入りスポットは、SNSサービス「gooホーム」の友達に限定して公開することもでき、gooホームの友達の間でのみ閲覧可能な地図や「お気に入りスポット」の共有ができる。

 goo地域では今後、gooホームとの連携をさらに進めることで、一層地域に密着した地域情報サービスを提供するとしている。

 なお、NTTレゾナントでは、今回の機能追加を記念して、1月30日から2月20日まで、LocalMapでお気に入りスポットの登録をしたユーザーを対象に、抽選で8名にデジタルカメラやiPod touchをプレゼントするキャンペーンを実施する。

-PR-企画特集