Macの老舗ソフトハウス24年目の決断--エルゴソフト、パッケージソフト事業を終了

坂本純子(編集部)2008年01月29日 16時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エルゴソフトは1月28日、パッケージソフト事業を終了すると発表した。

 同社は、Macintoshのワープロソフト「EGWord」や日本語入力システム「EGBridge」シリーズなどで知られる。創業の1984年からアップル「Lisa(リサ)」用日本語ワードプロセッサの開発に着手するなど、24年間にわたりMacintoshの日本語環境の向上に力を入れてきた。

 今回、日本語ワープロソフトegword Universal 2、egword Universal 2 solo、日本語入力システムegbridge Universal 2の発売を終了し、パッケージ事業を終了するとした。

 「Mac OS Xにおける日本語環境の成熟などから、パッケージソフト事業を終了する時期であると判断するに至った」という。

 電話によるユーザーサポートおよびカスタマサービス業務はすでに終了している。同社のウェブサイトにてオンライン・ユーザーサポートを行っており、2009年1月31日まで継続するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加