logo

セプテーニとCA、リスティング広告の自動入札ツール「SearchIgnite」を販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セプテーニとサイバーエージェントは1月23日、リスティング広告の広告費用対効果の最適化を目的に、米サーチイグナイト社が提供するポートフォリオ型自動入札ツール「SearchIgnite」を導入、1月下旬より販売開始すると発表した。

 SearchIgniteは、大量のキーワードに対しては金融理論に基づく入札ロジック「SPOT」(SearchIgnite Portfolio Optimization Technology)を使用し、重要なキーワードに対しては柔軟で多機能な入札管理方法を使用して、最適なリスティング広告入札管理を実現するという。

 また広告レポート、価格設定、現地法人の設置によるサポートなども特徴となっており、幅広い業種の広告主へサービスの提供が可能としている。

 両社はSearchIgniteの提供により、自動入札ツール市場における50%以上のシェア獲得を目指す。

-PR-企画特集