クウジット、地図情報検索サービス「マピオン」に無線位置推定技術を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クウジットは1月23日、サイバーマップ・ジャパンが提供する地図情報検索サービス「マピオン」に、「PlaceEngine」の技術提供を開始した。

 PlaceEngineは、無線LAN(Wi-Fi)の電波情報を使って、現在位置を推定し、取得できる技術。屋内や地下街のように、GPSが受信できない場所における利用や、施設内におけるフロア単位での、位置推定が可能になる。

 このたびの技術提供により、Wi-Fiを搭載したノートPCなどで、現在地をPC版マピオンの地図で表示することが可能となる。また、現在地の情報を取得し、周辺情報のDBと繋げることにより、マピオンに掲載されているレストラン、病院などの、スポット詳細情報を受取ることもできる。

 なお、Wi-Fi搭載ノートPCなどでPlaceEngineを利用するには、専用のクライアントソフトのインストールが必要。クライアントソフトは、マピオン紹介ページを経由、または、PlaceEngine公式サイトから、ダウンロードすることができる。

 PlaceEngineクライアントソフトを起動した状態で、マピオントップページおよび地図ページにある「現在地を取得」ボタンをクリックすると、現在地点の地図を呼び出すことができる。

 もし、PlaceEngineが現在位置を推定できない場合や、間違っていた場合は、その場で「位置を教える」ボタンをクリックし、現在地を登録することで、次回からその場所をより正しく推定することが可能になる。利用者が登録していくことにより、対応エリアが広まり、位置推定の精度が向上する仕組みとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加