AMNとさくらインターネット、サービスやツール開発を支援するプラットフォーム「ブログラボ」を開設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アジャイルメディア・ネットワーク(以下、AMN)とさくらインターネットは1月22日、ブログなどのソーシャルメディアによる情報発信を支援するための、実験的なサービスや、ツール開発を支援するプラットフォームとして、「ブログラボ」を開設すると発表した。

 AMNとさくらインターネットによると、日本国内におけるブログの開設数は、1000万を超えるとも言われ、ブログが普及する一方で、自分の求めるブログをみつけにくくなったり、スパム的なブログも急増するなどの課題があるという。

 このような背景から、両社はブログラボを通じて、日本のブログを活性化するためのサービスや、有益なブログを見つけ出しやすくなるサービスなどの開発を支援するための、プラットフォームを構築していくとしている。

 ブログラボでは、さくらインターネットのデータセンター環境を活用し、AMNが中心となって開発したブログ用ウェブサービスを運用する。さらに、他の企業や個人が開発した、ブログなどのソーシャルメディアを支援するウェブサービスに、ブログラボサーバー環境を提供する公募を行っていく予定。

 また、すでに開発されている、ブログ向けツールの紹介ページの作成や、ブロガーから必要としているサービスやツールの要望を集め、要望の高いツールの開発を行っていくことも検討。2月中に、ブログラボ第一弾となるサービスの公開を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加