logo

WISHLIST、ナレッジデータベースと業務・資本提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WISHLISTは1月11日、ナレッジデータベースが行う、第三者割当による発行新株式20株を引き受けると発表した。

 WISHLISTは、オンライン・セレクトショップ「wishlist.co.jp」の運営と、関連事業を展開。一方のナレッジデータベースは、ITエンジニアのための情報データベース、「ナレッジデータベース」などを運営している。

 このたびの業務・資本提携についてWISHLISTは、ナレッジデータベースが持つシステム開発ノウハウを活用し、EC事業の機能強化を図ると同時に、新規事業展開を積極的に行うことが目的としている。

-PR-企画特集